リンクページ




リンク先
おちんちんは大きくなるのか?  47歳、奇跡の軌跡

リンク先
ここを鍛えろ!オチンチンはビンビン!

リンク先
PC筋強化トレーニング


陰茎の疑問 

avを見るとペニスはおおきくなりますか

AVを見て大きくできる要素は本気モードのAV動画をみて訓練と自慰を兼ねて自分が行為をしている妄想に のめり込んで、これ以上勃起ができないぐらいのバンバンに張ったペニスを強く握って 自分も快感を高めて、女にもっと良くなれ、もっとイケとAV男優が追い込んでいるように自分も振る舞える と少しづつ太くなり、長くもなります。
中途半端な自慰はいけません。陰茎の根本が劣化します。

どんなAVが好みか、人それぞれですが、自分の気分にスイッチがはいって脳が活性化されると 海綿体洞の入り口が開くので血流が流れ込み、自然に勃起が始まるようなAVが良いですね。
若い人はこのようにAVを見るだけで勃起が始まるのですが、自然に勃起が始まらない人は指で亀頭をつまんで 刺激に変化をつけると、亀頭は陰茎の底の球海綿体筋と坐骨海綿体筋と互いに活性化し合い、徐々に勃起が始まります。
勃起が始まらない人は先ず陰茎の底にある坐骨海綿体筋と球海綿体筋を動かす訓練をして筋肉を強くしてください。

見た目の根元を指で押さえると静脈流を止めるので簡単に勃起状態になりますが、指を離してもそのままの 勃起状態が維持できれば問題はないのですが、維持するのにも指で押さえたままにすることが必要だと 問題で、それを続けていると陰茎の根本が劣化して勃起が不完全で陰茎が大きくなりません。
大きくならないと悩む人には、このような自慰をしている人が多いです。

陰茎の底の坐骨海綿体筋と球海綿体筋を、少しづつ動かす訓練をすると、だんだん強くなります。
強くなりだすと陰茎が硬くなります。
亀頭を刺激して勃起が始まるようになると成功です。
この二つの筋肉の訓練と、強く握り太くする訓練との相乗効果が出ると強い丈夫な陰茎になります。





ワナ靭帯を伸ばすことは出来るのか?

ワナ靭帯が伸びたのかどうかは直には見えないので不明です。
訓練の結果、見た目の陰茎の付け根のところから弧を描くような形になり、彼女が握ると以前に比べて握った位置が下がり、以前より 亀頭までが長く露出していることで、腹部から浮き上がった部分を握っている思われます。

勃起で硬くなったペニスの亀頭を手のひらで下方に押さえて、撓る(しなる)ようにしてその手前8センチぐらいを 手のひらと指で包んで握り、強く押さえて、もっとしなりを強くして 痛みがない程度の気持ちのよい強さで押さえると弧を描き、反対側の手の指で陰茎脚と 坐骨海綿体筋とが一体となって大腿の方に向かう筋にさわると、力がかっており 亀頭の頭を押し下げることと連動して動いて筋が鍛えられている。

この訓練の状態が、女性との行為中の陰茎全体への力のかかり具合と似ており筋が強くなっていく基本と思う。 女性遊びを繰り返しをしている男性の陰茎がだんだん丈夫で大きくなったという昔からの話はこのことで、 特に本能のまま接することが出来る女性を持っていない人は訓練をしないと、日常生活の中では筋が鍛えられることがないので 小さいままで過ぎてゆきます。

いずれにしても、女性と付き合っていない人は自分で鍛えて訓練して、不自由がない大きさにして、女性を得て  本能に従って接してゆくということで、鍛えられてゆくことが基本です。





トレーニング後 射精はしていいのか

これは自慰の問題でもあるが、20才をすぎれば問題ないと思うが、射精をすると成長ホルモンも放出されるので 20才までの人の射精は、1週間に1度か2度にしよう。ハードなトレーニングも20才までは避けて、自然の成長にまかせよう。
トレーニング後の射精も、自慰での射精も完全勃起状態で、自然な性交に近い状態が良い。 女性と共にを目標に。





ちんちんの勃起時間を長くするにはどうしたら良いか

硬くする訓練のときも、太くする訓練のときも、射精の予感の快感を求めるのでなく、根元が硬く、強く張り出す感覚を長く楽しむ 習慣を身につけること。
30分も経つと射精の予感の快感が湧いてくるので、そこから延長するのか、射精で終わるかの選択ですが 制御延長するには、完全勃起状態を保っていることが必要条件になります。





ちんちんの根元が大きくならない

陰茎の底というのは、外から見えない部分で、陰茎そのものと言うより、それを取り巻く坐骨海綿体筋、球海綿体筋、 それに繋がる外肛門括約筋、深会陰横筋など筋肉群が入り組んで線維を交えて互いに まとわりつき、陰茎脚と尿道球を包んだ周辺の筋肉群のことです。
この筋肉群が鍛えられると、陰茎の根元(陰茎脚と尿道球)を包んだままふくらんで外へ押し出されて皮膚を伸ばして、肛門の近くまでが 陰茎にみえる。
これが根元が大きくなると表現されることで、亀頭から肛門までが1本ものの陰茎にみえる。
こんな強力な陰茎の画像が、裏本画が出回った頃に、たくさんみられた。
鍛えるということは、これらの筋を鍛えることで、会陰部の筋の全てが関連していて、自分で締めたり、押し出したりすることが 鍛えることになり、筋を動かす時、およその存在場所をイメージできれば、筋の名称を意識しなくても、いわゆるPC筋も その中に含まれて鍛えられる。







トップページの見出し