リンクページ
 


リンク先
良性記_より楽しいセックスを
面白くて役にたつ記事が満載です。読破に三年要す。

リンク先
おちんちんは大きくなるのか?  47歳、奇跡の軌跡

リンク先
ここを鍛えろ!オチンチンはビンビン!

リンク先
PC筋強化トレーニング




陰茎トップページ ペニスを大きくする方法

陰茎は体内に入ってから根本の10センチの筋肉の働きが鍵です。 強力な勃起もペニス増大もこの筋肉を鍛えて強くすることが全てです。

先ず上の赤色のリンク先「文献」をクリックして読んでみてください。
勃起したときペニスを硬くするには、流入した血液が流れ出てゆくのを少なくすることが肝心です。
実験に記載されているように、陰茎の根っこの筋肉が収縮して血液が出てゆくのを堰(せ)き止めているのです。
坐骨海綿体筋、球海綿体筋、外肛門括約筋など、これらの筋を鍛えて丈夫にすると陰茎は硬く、硬くなる。
根っこから先まで目いっぱい張り出し、筋の成長で押し出されて、木の幹のような感じで亀頭から肛門近くまでが一本の棒になり 長さは3センチ余り長くなる。
これらの筋を鍛え、撓る(しなる)陰茎にして、筋を自在に締めたり、押し出したりして、亀頭ひとつ分4センチ長くする。
この訓練の仕方を書いてゆくサイトです。






どんな人に効果があるのか     (見出しに戻る) 

対象とする人は押し付けで12センチぐらいで、押し付けなしで、10〜11センチぐらいの小さい人を大きくして、 押し付け16.0センチ、押し付けなしで14.5センチを目標にします。
今、小さいからと言って諦めないでください。平均的な14.5センチは越えられます。
勃起してもビンビンにならない勃起力が弱い11センチぐらいの大きさの人に効果絶大です。
特に本能のまま接することが出来る女性を持っていない人は、日常生活の中では筋が鍛えられることがないので 小さいままで過ぎてゆきます。
すでに大きい人は、若い時からの女性との遊びで筋肉はすでに強化されているので対象外です。
不自由のない大きさになった時、根元の方は筋肉が発達して押し出され、平常時も11センチ余の長さで、 どんな場面でも不都合なく、生活感がかわります。




2000年から2003年にかけてインターネットで裏本の画像が出回り、ビュンビュンとはねそうな、よくしなりそうな 強力なペニスの画像を見て、羨ましく思った。
その頃からネットの情報を見て、色々な方法を試みたが、有効な方法がなく、 PC筋という言葉がたくさん見られ、ペニスを大きくするにはどの手法もPC筋(恥骨尾骨筋)を強くすることが必要と併記してあります。
いろんな記事を読んだ感想は、PC筋を強くしなければ、サプリも増大器具も効果がなさそうな印象をもちました。
いやPC筋を強くすれば、それだけでペニスが大きくなるという印象をもちました。






筋力強化で硬く長くなる     (見出しに戻る)

 

PC筋(恥骨尾骨筋)についての記事をさがしている時、ある文献を読んで、まさに「目からうろこ」状態でした。
陰茎の外から見えない部分の造作について、それまで考えたことがありませんでした。
陰茎の外から見えない部分の、形状と勃起状態の様子、筋の働きなどがわかり、 外からは見えない根元部分の造作、形状、保持の様子から、恥骨から坐骨にいたる骨に固着している様子など、医学書系の記載を見て 自らの男性器を強くする実験に挑戦してみることにした。
その結果は、陰茎は硬く、硬くなり、亀頭ひとつ分長くなった。

相談記事で 「ペニスの根元を手で締め付けると通常の勃起時より亀頭やペニス自体が大きくなると思うのですが、 その状態をプレイ中にキープすることって可能でしょうか?また訓練などでその状態を手で締め付けなくても作り上げることって可能ですか? もし可能でしたら方法など具体的に教えてほしいです! 」

こんな相談を見かけますが、この様な状態の人が会陰部の筋肉を鍛錬して丈夫にすると、手で締めることなく筋が締め付けるので 硬く、硬く強く撓る(しなる)陰茎になり、長さも長くなり反り返り、握った感じも見た目も様変わりになります。
上記のような質問をされる人の陰茎に一番効果があり大きくなります。
一週間に3日か4日間、1日に15分のトレーニングを6ヶ月間続けて、亀頭ひとつ分4センチ長く、3ミリ幅太くなると第一段階の成功です。







硬く長くなってゆく理論     (見出しに戻る)

陰茎の構造は、陰茎海綿体が2本と、尿道海綿体が1本で出来ている。
陰茎海綿体は、体内に入ってから左右にわかれ、その先は、陰茎脚として、坐骨下肢につながっている。
尿道海綿体は1本で後方にのび、前立腺の下方で膨れ尿道球となる。
陰茎海綿体も尿道海綿体もそのものは筋肉ではないので、筋力を強くするということは出来ないが、陰茎脚をとりまく 坐骨海綿体筋も、尿道海綿体の根元というべき尿道球をとりまく球海綿体筋も筋肉なのです。
これらの筋肉を強くすると、性的刺激をうけたとき、意識しなくても筋肉が収縮して、血液の逆流をふせぎ、圧力を高め勃起が強くなり長時間持続するのです。
このことから、会陰部(骨盤底筋群)の全ての筋肉を鍛えることが近道です。

ここでもう一度「文献」を注意深く読んでみてください。 文献
筋の役割は、根元を圧縮して膨張を促すことと、静脈流を減らす堰き(せき)の機能があります。
陰茎の根本を取り囲む筋は必要なときに締め付ける機能が備わっているので、勃起が始まるとき流入してきた血流が戻るのを防ぐ機能があり、 圧縮して海綿体内圧力を上げて、静脈を圧迫して流出を減らし、なお一層圧力が上昇して強力な勃起をもたらします。
これらの筋で陰茎の根元を圧縮するためには坐骨海綿体筋と球海綿体筋と外肛門括約筋を単独または連携して強くする訓練をすると 陰茎の静脈が圧縮されて血液の流出が制限されることで勃起が強く、長い時間保つようになる。

体の一部分を増大させるには筋肉を発達させ、強く大きく出来ることはボディービルの 人たちの体型をみて納得できます。

大きくするには筋肉を動かして鍛えることしか方法はないと考えています。






足を伸ばしてイクことは     (見出しに戻る)

肛門挙筋, 尾骨筋および内閉鎖筋が効果を発揮するには、性行為の姿勢、体位も影響する。
最近、足ピン自慰は性行為の時、支障があるから足を突っ張ってイクことを止めようという情報がある。
足を伸ばしては行為を行えないとか、イク時ぴんと伸ばして突っ張れないからだということらしいですが これはAV動画の性交姿勢の影響で、元来、性交姿勢は男女共に重なって寝た状態で行えば良いことですし、足の位置とか、開き具合に変化を つけてもよく、AVで男性がずっと体を起こしたままやるのは、結合部をよく見せるようにしているもので、本来重なって行えばよいことです。
足を突っ張ることも出来るし、骨がきしむほど力一杯抱きしめることも出来る。
筋肉が緊張して、息を止め体が反り、力いっぱい、つま先まで突っ張り、反り返るとき快感は倍増です。
女性が下の時は、足を男性の足にからませて力をかけてもよいし、腰にまきつけて思い切り締め付けても良い。
また男性が足を伸ばした女性の足の外側に自分の足をおけばよいことです。
この姿勢で行い易いように、このサイトの訓練で、少し長くして不自由のないようにしてください。
こんな事は二人で相談して行えばよいことで、情報に惑わされないようにしましょう。
最近、人を惑わせる情報を意図的に発信して、商機に結びつけることを良しとする社会の変化に注意しましょう。






亀頭を強く、竿を長くする     (見出しに戻る)

亀頭が大きく膨張して張るには、球海綿体筋と外肛門括約筋を鍛えることが良い。
球海綿体筋(尿道球から尿道海綿体を覆っている)と外肛門括約筋を強化するには筋を押し出す鍛錬が効果的です。
このために準備してほしいものは、すりこぎ棒のような、ホームセンターで売っている直径3.5センチぐらいの太さの棒を 30センチぐらいの長さで用意してください。
これを尻の下というか肛門から陰嚢の下に置いて、痛くない程度に体重をかけ、ぐりぐりと動かしたり 外肛門括約筋で押したり押し返されたりして、びくんびくんと筋を動かしていると、外肛門括約筋や球海綿体筋が強化されて 尿道海綿体から亀頭までが張ってくる。

陰茎の体内にもぐり込んだ部分の肛門に近い方は、押し出す鍛錬、上の方は、締めて絞る鍛錬が効果あり。
自由に、押したり、締めたりが出来るようになると大成功。

しなる陰茎をつくる訓練の姿勢は、上向きに寝て膝を曲げた状態でも、正座の状態でも良いので、 勃起した亀頭の先を手の平で包む感じで、指を一杯に伸ばした先のあたりで竿をつかんで、 肛門の方向に向かって手の平で押し下げるように圧力をかけるということです。
このように力をかけると、ワナ靭帯にも力がかかり、球海綿体筋から肛門括約筋まで圧力がかかり 又、坐骨海綿体筋にも力が及び、最高の訓練になります。
力をかける時は硬く、硬くなっていることが必要で、力をかける程撓り(しなり)丈夫になります。
押したり緩めたりを繰り返して亀頭ひとつ分長くなったときが完成です。
この押し下げの強さは、痛みがない程度で、気持ちのよい強さでやってください。

ネット情報でよく肛門を締めるということが書いてありますが、締める緩めるで効果があるのは、少し前方の斜め上方の前立腺の下あたりで 正座した状態で動かすと幅広く動く感じで締めた状態を保ち続けることができるし、徐々にゆっくり段階的に解放し緩めることも出来る。
この動かすという感覚をつかむことが先決問題です。






筋の存在を自覚する訓練     (見出しに戻る)

PC筋についての情報を読んでPC筋の場所が全くわからず、途方にくれる状態でした。
そこで女性が膣を締める訓練をする記事のことを思い出し、それは膣の周囲の筋を強化するというものでしたので、それをヒントに自分が女性になったつもりで、 イメージトレーニングということで始めたのが、仰向けに寝て、少し足をひらいて、 陰嚢と肛門の中間あたりに挿入を受けるイメージで1秒間隔で入り口を締める、緩めるを繰り返し、10回に1回は奥まで挿入を受けるイメージで、 できる限り奥の方を、おもいきり締めるイメージで、少しでも動く感覚がつかめるまで、やってみてください。

筋が動くのがわかる段階までいかなくても締めるイメージが出来ていれば、目的の「硬くする」訓練にはいります。
上向きに寝た状態で、右手の指3本で亀頭をつかんで腹側に引き、少し右に倒して左側の体内にもぐりこんだ奥をピクんピクんと動かして締めつけ、 亀頭をつかんだ指に動きが伝わることが確認できるまで引っ張ってみて、ぴくんピクンと感じたら、少し戻してみて、感じる限界あたりで指の位置を決める。
1秒間に1〜2回の速さでピクピクと動かし、10回動かしたら、数えるため空いた手の指を折り1として、また10回動かして指を折りで 合計10回指を折ったら100回のぴくぴくで終了です。
反対側も同様におこないます。
慣れてくると簡単に出来るようになるが、目的は、陰茎脚を取り巻く坐骨海綿体筋を強くすることですから、 意識は陰茎脚あたりに持っていき、慣れるに従ってだんだん下の方向、肛門の方向へ向かってゆく。

坐骨海綿体筋が強くなると 亀頭を指でつかんで固定して、陰茎そのものをびくんびくんと筋の強さで動かすと亀頭のすぐ下方のあたりから中ほどまでが硬くなる。
指で亀頭をつまんだまま押さえたり放したりすることと、陰茎のびくんびくんすることとが同期すると、あたかも自動で動いてる感じになり、いつまでも続く。
このとき肛門を絞り、肛門の手前あたりを押し出す感じで跳ね上げ動かすとそのあたりが張って硬くなり、続けていると 亀頭から肛門まで、陰茎が1本の幹のようになり、外側に張り出してくる。
亀頭から陰茎の中ほどまでをびくんびくんと動かすことと、肛門の手前あたりを交互にびくんびくんと動かしていると、だんだん一つものになり 亀頭から肛門までの陰茎を動かせるようになってくる。このびくんびくんと動かすということは、筋を押し出すということです。
もうひとつやることは
硬くなったところで亀頭から雁首と雁首から竿を手の平と指で圧迫して5秒間ではなす。 握る位置をずらしながら、また圧迫して5秒ではなすを、くりかえすこと10回。 特に亀頭から雁首を圧迫する時は、逆手で圧迫しズルっと手が先へずれる感じでやるとよい。






太くしたいが難しい     (見出しに戻る)

太くすることは難しい
勃起すると血液の流入で全体が大きくなり白膜、筋膜が包んでいるので、パンパンに張ってきて陰茎静脈が圧迫され流出が減り、ビンビンと表現する のが適当かどうか、硬く、硬くなり、勃起が持続される。
白膜が伸びることと、流入する量のバランスが崩れると勃起が持続しないので白膜、筋膜を拡張する方法は、 自分の血液の流入で太くして伸ばす方法でやってゆきます。ですからこれは、徐々に徐々にやります。
訓練中は完全勃起状態を保ち続けることが必要で、「硬くする」 「長くする」の項目の訓練をやってきていることが 前提になります。
完全勃起状態の竿を握って圧迫することで、徐々に白膜を伸ばしてゆく方法です。
勃起状態にして、快感を保ちながら亀頭のすぐ下から利き手の手のひら全体と指で握り、強く握ったり、緩めたりして、握る位置を徐々にずらしながら やってください。
勃起状態が続いていることが肝心で長く勃起状態が続いていると、その間、流入状態のままで保たれているだけでも効果があります。








訓練の効果を確認しよう     (見出しに戻る)

これまでの訓練とその後のメンテナンス訓練で会陰部の全ての筋を鍛えて、自在に締めたり緩めたり、引き付けたり、押し出したり出来るようになると  陰茎を自分の意思でびくんびくんと跳ねたり、肛門の近くから、亀頭までを一本の棒のように押し出したり動かしたり 完全勃起状態に出来て、ここからの第二段階の増大への鍛錬を行う準備完了となる。

坐骨海綿体筋の訓練(硬くするページ)を行うと、勃起したとき、体内に入って陰嚢の手前から下にかけて外側(大腿の方向)へ 張り出している陰茎の根元を手でたどると陰茎脚が大腿の付け根(坐骨)の方に向かって伸びているのが確認できる。 張り出している筋が段々太く丈夫になることで成果を確認できる。
球海綿体筋と外肛門括約筋の鍛錬の結果、効果があると、勃起したとき肛門近くの筋をびくんびくんと 動かせたり、押し出して張り出すことが出来、亀頭に触ると、同期して亀頭から根元まで肛門近くまでが一本の幹のように なり跳ね上げたり、押し出し張り出すことができることで、成果を確認できる。

これまでにも「同期」という言葉を書きましたが、これは指で亀頭をつかみ、親指で押さえると この刺激で陰茎と会陰部の筋が反応してびくんびくんと動き、陰茎を押し出したり、跳ね上げたりが自動のように動く。
これを行うと更に筋が鍛えられることにもなるし、長い時間勃起を維持して、流入状態を保ち陰茎を太くするために 集中力を高め、意識が散漫になることを防ぐことにもなる。
「維持する のページ」で書いたことと、この「同期」を併用して行うと益々筋力が強くなり、自在に陰茎を扱えるようになります。

悩み相談の記事で、ペニスを大きくする方法とか、ペニスをでかくする方法はないか等、ちんちんが小さいので大きくしたいという 願望を持ち、「ペニス小さすぎ」等小さい悩みが多いなかで、ペニスが大きすぎという悩みもあり 実際に大きい人は、「大きいちんちんが好き」という女性には歓迎されるが、毎日の生活の中では 手間のかからない普通の平均の大きさのペニスが欲しいと思っている女性が多いようです。






奥まで届くには何センチか     (見出しに戻る)

普通に奥まで届くのには14センチぐらいといわれているが、ネットの情報で見ると 膣の入り口から子宮口までの長さが8〜10センチといわれている。
体位にもよるが、密着しても膣の入り口までが2〜3センチぐらい必要であり子宮口から奥 の膣円蓋の後方が伸びることもあり、あとプラス3センチぐらい合計で15センチあると 女性が奥にあたるのを感じとることが出来るとおもわれる。

これは計算上の話で、押し付けとの差が2センチ程あるので、目指すのは、押し付けで 16センチ、押し付けなしで14.5センチです。
個々それぞれで、最近のAV動画などに出演の男優さんは18センチ〜20センチ以上の人も多い とおもわれ、女性の身体もそれなりに慣れればそれはそれでよいとおもう。






完全勃起状態になると     (見出しに戻る) 

一段落したところでペニスが小さいということの根本問題を考えると 筋のトレーニングがきてない人は、完全勃起の状態を経験していないのではないか。
体の外に出ている見た目の根元部分を指で押さえて、勃起状態を保てる状態は不都合なことで、完全勃起状態ではなく この状態の陰茎は小形です。
不完全勃起状態で自慰を行ってきた人は、勃起状態でも、見た目11センチ以下で押し付けでも12センチぐらいで 平常時は、小さく子供のようにみえる。
自慰をする時は完全勃起状態で、20分以上かけて行うことが、大きくする訓練にもなる。

不完全勃起状態での自慰をやめて、筋を鍛えると勃起時は、見た目14センチ、押し付けで15センチ以上 になり、平常時は長さ11センチ、太さ3.5センチを保てるようになる。
気持ちが解放され楽になるのは、平常時の大きさが保てることによる。
平常時これぐらいの大きさになると、就寝時、腹の方に上向きに倒しておけばその状態を保てるので、就寝中に何度か おこる朝立ちのような勃起状態の時、スムーズに血流が流れ、良い習性が身につく。
見た目の根元でなく、本当の根本の筋肉、球海綿体筋、外肛門括約筋等と 体内に入って見えなくなり左右に別れ、大腿の方向に向かう陰茎脚の筋肉、坐骨海綿体筋 が強くなると、完全勃起状態になり確実に3センチは長くなる。
この筋肉が強くなると、勃起状態が60分持続出来る。






女性との付き合い方     (見出しに戻る)

この筋の強い人と、弱い人の差はどうして生じたのか。
これは年齢の差ではなく、経験の差で、どんな性生活を過ごしてきたかによるのではないか。

昔の雑誌で女性遊びを繰り返している男性の陰茎がだんだん丈夫で大きくなったという 記載がよくみられたことからも大きい人は、すでに強化されている可能性大です。

女性を責めるつもりではないが、近年女性がたくさんの経験を積み、一人の男性との性生活の向上を考えるよりも 多くの男性と接して、一番合う男を捜す過程を見ている経験の少ない男性は、そんな女性から引いてしまっているようにみえる。
こうして草食系男子とよばれて、結婚も考えなくなってしまう。
引いてしまう原因は、ひとつには不信感、ひとつには嫌悪感、自分に対する悔しさ、それが重なって、女性に対する絶望感 が芽生えて無関心になっていく。

30年〜40年ぐらい前の書物とか、雑誌を見ると、女性は結婚を前提に男性と付き合うので結婚前までに付き合うのは一人だけというのが 多く、その二人が結婚をして二人の子供を育てるのが一般的だと記してあった。
それと比較すると現状は男性が引いてしまうのも一理はあると思う。しかしそれで良しでは何も変わらない。
近年はマスメディアの影響もあって男女共に、複数の相手と付き合うことに違和感がなく、不倫でも抵抗感なく深入りしてゆく。

それでも年齢が結婚適齢というか、限界近くになるとそれまでの事はご破算にして適当な相手と、家庭をつくってゆける。
過去を引きずらないというのが若い女性の特性だとおもいます。
そこを鑑みて男性も引いてしまわずに、女性と向き合っていけるように自分でペニスを鍛えて女性と共に楽しむために踏み出そう。

女性と楽しむということは本能に従って接してゆくということで、女性もそれを望んでいると思う。
二人だけで人間関係も性行為の関係も上達するように努力してゆこうと宣言しよう。協力をもとめよう。
そして2人の行為中もお互いに思ったこと、感じていることをそのまま表現しよう。
このサイトを女性にも読んで欲しいと思っています。
もっと強くとか、弱くとか、それいいとか、もっと上とか、奥とか、すごくいい、気持ちいいよとか、 そういう類のたくさんの言葉で伝えよう。
それが2人の関係を深くする道です。
そんな生活を続けていればだんだん性機能も強くなり、草食系とか肉食系という言葉はなくなる。
ちょっと社会の流れを変えよう。






女性が好むペニスの形は     (見出しに戻る)

普通に勃起している状態にみえる場合と、このサイトで完全勃起という状態との違いを書いてみる。
勃起したときの根元らしき部分(普通に見えている根元部分)を指で押さえる(はさむ)と勃起が持続して 亀頭が張ってふくらむ状態になるが、これは指で静脈流の流出をせき止めた状態です。
指を放すとそのうち萎える状態になっていく。
完全勃起状態というのはこの堰き止めることを会陰部の筋肉の収縮で行って、流出が少ない状態になって張っているので 外から見える根元部分を押さえても亀頭の変化はほとんどなく、亀頭のすぐ下のくびれ部分を上下から押さえると 亀頭がすこし膨らむ。これは、くびれの上側の表面に近い部分から静脈が始まっているからです。

第二段階の鍛錬は、完全勃起状態で、このくびれ近くを圧迫して亀頭を丈夫にすることと、 亀頭のえら(亀頭冠)を張り出すための訓練をこれから試行錯誤することになります。
女性が好むペニスの形状で、竿はそれほど太くなく亀頭が大きくて、全体が長めだと、体の奥ががとろけるように気持ちがよいという 女性がいるので、それを数値でおよその目標に設定して、トレーニングすることを第二段階の目標にします。
目標値は、長さ17センチ(押し付けで)、竿の幅4センチ前後、亀頭の幅4.5センチ〜5センチとします。
見た目も美形になると思います。
第二段階は挑戦です。確実性はありません。実績もありません。

先ず第一段階の完全勃起状態を保てるように、根気よく鍛錬して亀頭ひとつ分大きくしてださい。

この【New Method】で増大実験に挑戦している方も多いと思いますが、効果の現れてきた方、まだ道半ばの方も継続を期待しております。
効果が現れるのが遅い人は「硬くする」の鍛錬をそれぞれ150回にしてみて下さい。
根気よくです

第一段階が成功すれば第二段階へ向かいます。
第二段階でやることは究極の増大法です。
陰茎の白膜と筋膜を拡大して体積、容積の増大です。
白膜の厚さは0.5mm〜2mmで厚さは1/4〜1/8まで伸びるということで、膜を広げると 面積は4倍から8倍になります。
面積が4倍になるということは円形に戻すと長さが2倍で直径も2倍ということです。
この値は平常時の最小に縮んだ状態から勃起時の最大の状態の値に、ほぼ一致します。
白膜の長さ太さが2倍になるということは、筋膜も同様に拡大しているということです。
ここからさらに拡大が可能かどうか、白膜は拡大の余地がありそうですが筋膜はどうなるか。

このサイトでは、手術も、栄養補助食品も、器具も使わないので、理論的に成り立つ方法で考えています。
基本的には、白膜の内側の圧力が白膜を伸ばし、筋膜を伸ばして大きくしてゆくので 性的興奮を高める五感による脳内活性化で海綿体洞の平滑筋を緩め入り口を開き大量の血液の流入を促し 坐骨海綿体筋と球海綿体筋で圧縮して圧力を高め、流出を減らし、最高の勃起状態で筋膜の拡大を図ります。
海綿体洞の圧力は 1100mmHg から1600mmHg で人の血圧は135mmHgですからほぼ10倍の圧力であの強い勃起を 起こしているのです。この圧力で白膜を広げるので白膜が薄くなり白膜を通り抜ける静脈が圧迫され流出が制限され バンバンに張るので硬く、硬く勃起するのです。
また流れ出た静脈流は背静脈に入るのですが白膜と筋膜の間で圧迫をうけ、球海綿体筋から伸びる線維が背静脈を圧縮して 強力な勃起に貢献しているのです。



訓練の仕方を考える手順としてこうすれば強くなる、大きくなるとか、ああすれば・・ と想定したり、仮説から入ることも 多いですが、逆にこの結果が出たのは何故かという手順から、方法と考えを積み上げると確実性が高いと思います。
そこで見方をかえて、どうしたら目的が達成できるかを考えるのではなく、結果から
何故、硬くなったのか
何故、長くなったのか

自然の勃起は、五感への性的刺激か、亀頭への直接刺激で性中枢からの指令で陰茎海綿体洞の入り口が開き、血液が 流入して海綿体が 膨張、陰茎海綿体の外側を包む白膜との間で静脈が圧迫されて流出が減り、陰茎の根本を取り巻いている 坐骨海綿体筋が陰茎脚と陰茎海綿体を 圧縮して、海綿体の圧力を上げて流入する血液の戻りを阻止して完全な勃起状態が維持されている。
海綿体を包む白膜の圧力が上がると、白膜が薄くなり伸びて、この白膜を通過する静脈が圧縮され細くなり、流出が減少して増々勃起が 強くなり圧力が上がり白膜、筋膜が伸びて拡張することになります。
この状態で陰茎を握り快感の上昇に合わせて強く握るので 白膜、筋膜が増々伸びて、徐々に白膜の容積が大きくなっていって陰茎全体が大きくなっていくと推測します。
白膜そのものを見ることが出来ないので、握った感触と、長さと横幅の寸法で、そのように推測しています。

最初の硬くする訓練で細長くなったと心配して質問がありましたが、ここからの訓練でも長さ、太さの比率が変化していく理由は、白膜が 2層構造で出来ていて、内層の線維は輪走していて横方向に伸びるのに対して、外層の線維は縦走していて縦方向に伸びるので、 最初の訓練で細長くなったのは縦走する方向に伸び易く、同じ容積だと縦に伸びると、横方向が縮む現象が生じたと推測しています。
太くする訓練では、縦方向の行き止まりから始まるので、先ず横方向に伸びて、横方向が行き止まれば、次に縦方向かと推測ですが それは徐々に訓練を進めますので、体が自然と縦、横のバランスをとりながらの成り行きまかせです。

これで容積が増加して体積が大きくなると、大成功となるのですが、さてどうなることやら。
これまでの訓練で陰茎の底の筋肉が強く大きくなったことで、弛緩時(平常時)の大きさが納得のいく大きさになっていると思いますので 容積の拡大は徐々に徐々にやってください。焦らずに、気持ちに余裕をもってやることが、成功への道です。






包茎について思うこと     (見出しに戻る)

閲覧されている方から包茎についてご質問を頂きましたので
自慰のやり方と包茎が関係あるのか。
このサイトの訓練と包茎の関係について考えてみました。
真性包茎については、原因とか変化の様子も想像出来ないので、コメントできませんので悪しからづです。
仮性包茎については、この呼び方が適当かどうかは別にして、勃起した時にも、ほとんどの人は皮がづれ動くというか 造りがそのようになっているので、根元から皮を伸ばしてきて亀頭に被むせると、仮性包茎と呼ばれる状態になるとおもいます。
この皮の余り具合が人それぞれで、全く皮余りがないと、かえって不都合が生じるとおもいますよ。
状況にもよりますが、女性の中が濡れてない時に挿入となった場合は、全く皮の余りがない場合は、膣に擦過傷の 恐れがあると思います。
亀頭の表皮は柔らかくてすべりやすいのですが、皮の根元の方は、それなりに丈夫にできているので 擦れると痛いと思います。
かえって仮性の人は亀頭の近くの二重に折り返しになっていた柔らかい部分で擦れると 痛いということがなく気持ち良いかもしれません。
勃起した時、見た目の状態は皮余りがないペニスに見えても、しごけば皺(しわ)やたるみができますよ。
自分のことを言いますと、勃起したときでも亀頭の近くに皺というか皮余りが明らかにありましたが、訓練で 皮も少しは伸びたかもしれませんが、中身が4センチほど長くなったので皮余りのたるみがなくなりました。
しかし皺は明らかに残っており、ピンと張った見栄えではありません。
勃起が硬くなったので、どのようにさわっても。縮むことはなく、たるむことはなくなりました。
今は普段の平常時でも皮を伸ばさなければ、亀頭に被ることはありません。長くなる前は、時には被ることもありました。

それでも行為に支障はありませんでした。
現在の物理的な寸法は、平常時の場合、長さ10センチ〜11センチで、巾は3.2センチです。亀頭巾は3.8センチです。
勃起時は15センチ〜16センチで巾が4センチ前後で亀頭巾は4.4センチです。
平常時、寒さで縮んで皮余りがあっても、段差で止まり、被ることはありません。

これまで包茎についてはあまり考えたことがなかったのですが、質問を頂きましたので思うところを記述しています。
皮余りの問題だと思うのですが、実用には問題はなく、見た目の問題で、形の良し悪しで評価されるのかとおもいます。
訓練との関係で言えば、中身が伸びると皺やたるみは少なくなり、見た目は改善されます。
平常時に皮が被らないようにするには、亀頭に段差があればよいのですが、これは会陰筋の訓練をする時にも 自慰をやるときでも、亀頭への刺激から始めて竿をぴくんと跳ね上げることと同期をさせる訓練をしていると 亀頭への刺激でいつも亀頭の鰓(えら)が張っているのでだんだん大きくなり、一定の段差ができて皮が被らなくなります。
  亀頭のつかみ方というか、刺激の仕方は、ひとさし指で亀頭の下側のくぼみ(亀頭に突入している2本の陰茎海綿体の間) を支えて、中指は曲げて亀頭の横下を支えて、親指で亀頭の上面を擦るか押さえるかの刺激を続けて 勃起が強くなってくるようにします。
勃起が強くなったら会陰部を絞ってみてください。肛門ではありません。深会陰横筋です。どちらかというと股間 のイメージが近いです。股間を引き込むと反動で押し出してくるので、それに合わせて押し出します。 勃起が硬直するぐらい硬くなると良いのですが。
この時、反対の手で根元を押さえたりしては駄目です。これで勃起が強くならなければ、根本の筋が弱いのです。
硬くする初期の訓練から始めて、根本の筋を強くしましょう。
勃起が強くなって安定すれば、ここで坐骨海綿体を締めると硬直勃起になりますが、詳しくは ペニスでかくなったを見てください。

【楽しい子づくり】を女性と共に。少子化対策の一助に。




この文章の転載を禁じます。

「当サイトで得た情報による一切の損害の責任は負えません。実践される際は自己責任でお願いいたします」

「股間を強く大きくした記録」のpdf版を提供します

pdf版の提供




メール


  トップページ見出し



クリックして見てください
陰茎の海綿体筋図

説明文1

説明文2

骨盤内図

正中断面図