亀頭と球海綿体筋の相互作用

亀頭が刺激を受けると後方の球海綿体筋と肛門括約筋が締まる。
球海綿体筋が締まると亀頭が膨れて女性を刺激して膣が締まり、亀頭を刺激する。
意識をしていなくてもこの循環が繰り返されて延々と行為が続いているのです。

硬く

球海綿体筋を鍛えて弛緩時(平常時)の大きさを保つ

球海綿体筋は尿道海綿体の末端の尿道球に巻き付いて海綿体の膨張に寄与して、中ほどから前方では尿道海綿体を囲み、後方の外肛門括約筋から伸びてくる 筋線維が翼のように広がり陰茎海綿体にも取り付き、尿道海綿体の下側が凸型に筋がつき、陰茎の縦の厚みが増し勃起時の握り感が太くなる。 この筋が付いたことにより、弛緩時(平常時)も太さ、長さを保って、勃起時と平常時の差が少なくる。

サイト内りんく
硬く
外部りんく
硬く