会陰筋に関する特別ページ



会陰筋に関して陰茎を硬くする特別ページ
女性が好むペニスの一番目は「硬い」ことです。硬い陰茎は早漏でないことを知っているのです。

ペニスを硬くするには骨盤隔膜の下側の筋肉を強くすることが必要です。
骨盤の底は骨盤隔膜で骨盤の内側と外側に仕切られて、女性の器官は骨盤の内側にあり、男性の器官は前立腺以外は外側にあります。
通称PC筋は内側にあり、女性では膣がPC筋を貫いて子宮に伸びているのでPC筋が強くなると器官を支える力も大きくなり 膣を締める力も強くなり男性にも喜ばれるということです。
男性ではPC筋は内側にあり、ペニスは外側にあり平行の位置関係になり離れているので直接の関係はありません。
坐骨の間に張られた深会陰横筋と、坐骨に接着している陰茎脚(陰茎海綿体の末端)は外側から骨盤にくっついています。
男性器の尿道海綿体は深会陰横筋に付き、陰茎海綿体は陰茎脚が恥骨下肢から坐骨に付いています。
AV男優さんの勃起時の会陰部は膨れて膨張して押し出されて大きく見え陰茎が肛門まで伸びています。
会陰部は陰茎の底として、球海綿体筋と会陰体と外肛門括約筋が繋がって、陰茎の延長に見えます。
こんな陰茎を目指して陰茎の底の筋肉を鍛えましょう。
筋肉が発達してくると陰茎が押し出されて陰嚢のあたりから肛門近くまでが陰茎が延長したかのように張り出してつかめるようになってくる。
こうして亀頭から肛門までが一本の棒状態の陰茎になり陰嚢が陰茎の中間にくっついているかのようにみえる理想形になる

こうして大きくなると良いのですが、なぜ大きくならないのか?
原因は陰茎の根本の筋肉が弱くなってしまっているからです。陰茎の底の坐骨海綿体筋と球海綿体筋です。意識して動かせる随意筋です。
勃起時に流入した血流が圧力不足で流出してしまうので勃起が強力にならず、圧力を補うために自分の手で陰茎の根元にみえる 部分を押さえて勃起を維持してしまうと陰茎の本当の根本の筋肉が発達せず弱っていくのです。
自慰をするとき安易に根元にみえる部分を押さえて勃起を維持すると根本の筋肉が働かず弱る悪循環になります。

球海綿体筋を鍛えると直接、尿道海綿体を締めつけて圧迫するので勃起時に亀頭を膨張させ亀頭が大きくなることと 尿道球のまわりから下側一面に筋がつき、筋線維が前方に伸びて、尿道海綿体と陰茎海綿体にも筋が付き、弛緩時(平常時) の大きさが様変わりで、これが一番の効果です。(勃起時と弛緩時の差が小さくなります)。
坐骨海綿体筋を鍛えると陰茎海綿体を締め付け圧迫するので、白膜を伸ばし、静脈を圧縮して、流出を阻止して 強力な勃起をおこします。完全勃起状態を1時間以上持続する原動力になります。
球海綿体筋と坐骨海綿体筋を鍛えるにあたり、筋の存在場所を自分の体で確認しておきましょう。
ペニスの寸法を測るときに恥骨に押し付けてとか表現しますが、その恥骨の下と、椅子に腰かけるとき体を支える両側の骨 (坐骨結節)の間に張られた三角形の筋肉(一辺が8センチぐらい)が深会陰横筋で、そこに尿道海綿体の末端が接着しています。
陰茎海綿体は深会陰横筋に接して後方に伸びて両側に分かれて末端が細くなり、坐骨下肢に固着しています。
世界から発信してくれるネットの動画でその筋を確認しよう。

坐骨海綿体筋と球海綿体筋の存在がよくわかる動画のサイトです。

http://www.dailymotion.com/video/x33m10_perineum-muscles_shortfilms

http://www.dailymotion.com/video/x33mcn_male-reproductive-system-4_shortfilms

http://www.dailymotion.com/video/x33md2_male-reproductive-system-5_shortfilms

動画の中に時々でてくる説明の日本語訳です。
Ischio cavernosus Muscle 坐骨海綿体筋
Bulbo -spongiousus Muscle 球海綿体筋
Perineal Body 会陰体
External Anal Sphincter 外肛門括約筋
Superficial Transverse Perineal Muscle 浅会陰横筋
Perineal Membrane 尿生殖隔膜筋(深会陰横筋)
Suspensory Ligament 堤靭帯
Crura of Penis 陰茎脚
Tunica Albuginea 陰茎白膜
Erectile Tissue 勃起組織

この動画は会陰部の皮膚脂肪を取り去ったもので、会陰部の底を下から見た画像になるので、ポーズで見ると 一番奥底が骨盤の内側の肛門挙筋(不明瞭)で、その手前(骨盤の外側)に深会陰横筋が存在して、そこに尿道海綿体の端末の尿道球が 付着してその左右に陰茎海綿体の端末の陰茎脚が坐骨の内側に付着している。 巾の狭い筋が右から左に進んでいるのが浅会陰横筋です。 画像で見えるのは、下から順に肛門から伸びてきている外肛門括約筋が会陰体を越えて、尿道球を包む球海綿体筋 と一体化して陰茎が延長しているように見える。 この周辺の筋が発達して分厚くなると、坐骨海綿体筋、球海綿体筋が上の方向に伸びて、筋線維で補強されて 平常時の陰茎の大きさが増加する。これが一番の成果になると思います。 筋肉の訓練の仕方は、このサイトのリンクぺージ「硬くするのページ」を見てください。 始めの取っ掛かりとして、これだけで十分です。慣れてくれば、もっと効果的なことは、自分で工夫して 効率よく行えると思います。



少子化の一因は陰茎にある。
陰茎についての評価を「勃起が弱い」とか「ペニスが小さいね」と女性に言われて 男性が引いてしまって女性を遠ざけてしまうと非婚化から少子化になってしまう。
女性の知識と経験値が上がり、男性は多くの女性を相手にする人と、女性から遠ざかる人に二極化 してしまう。


トップページ
  • 坐骨海綿体筋

  • 球海綿体筋

  • 深会陰横筋



    リンク先
    おちんちんは大きくなるのか?  47歳、奇跡の軌跡

    リンク先
    ここを鍛えろ!オチンチンはビンビン!

    リンク先
    PC筋強化トレーニング

    リンク先
    陰茎でかくなった



  • 陰茎脚イメージ
    脚
    球海綿体筋イメージ
    球筋
    坐骨海綿体筋イメージ
    坐骨

    グレー色は
    深会陰横筋

    アオ色は坐骨海綿体筋
    アカ色は球海綿体筋
    坐骨


    坐骨