陰茎のつくり構造



陰茎の構造は、陰茎海綿体が2本と、尿道海綿体が1本で出来ていることは、 ネットの情報でよく知られている。
陰茎海綿体は、体内に入ってから左右にわかれ、その先は、陰茎脚として、 坐骨海綿体筋に取り囲まれて恥骨下肢につながっている。

硬く


硬く


硬く

尿道海綿体は1本で後方にのび、前立腺の下方で膨れ尿道球となり球海綿体筋が取り巻く。
陰茎海綿体も尿道海綿体もそのものは筋肉ではないので、筋力を強くするということは 出来ないのですが、陰茎海綿体の根元の陰茎脚をとりまく坐骨海綿体筋も、 尿道海綿体の根元というべき尿道球をとりまく尿道球筋も筋肉なのです。
これらの筋肉を強くすると、性的刺激をうけたとき、筋肉が収縮して、血液の 逆流をふせぎ、圧力を高め勃起が強くなり、長時間持続するのです。

このことから、PC筋を意識せずに、会陰部の筋肉の全てを鍛えることが、近道です。

硬く

海綿体内圧維持の効果をあげる為に、坐骨海綿体筋 、球海綿体筋の存在場所あたりを 意識して締めたりゆるめたりして、疲れたら中止して、これを繰り返す。
  又、逆流防止の圧力をかける為に外肛門括約筋(肛門周辺)と 静脈圧迫補助のために 、肛門挙筋、尾骨筋および内閉鎖筋 を鍛えると これらの筋が強くなったという自覚はなくても、やっているうちに、PC筋らしきもの がどれかわかり、縮めたり、押し出したりする感覚がつかめるようになる。

硬く

訓練すると、まず先に、坐骨海綿体筋 が、 つよくなり直接、間接の刺激で、陰茎海綿体が充血し、硬くなり、柔らかい亀頭の中に 骨ができたように感じるぐらい硬く、その硬さは、陰茎脚におよび、 肛門の方向、脚の付け根の方向にかけて、陰茎が、筋肉のように浮き出て 4〜5cmくらい長くなったようにみえる。

長くなるというのは、上に伸びてくるというのではなくて、陰嚢から肛門の間の尿道海綿体 と陰茎海綿体、陰茎脚、それらを覆う筋肉郡が外に押し出され、陰茎と腹部の付け根も 外におしだされて、少し浮き上がり、陰茎の先端から、陰嚢、肛門近くまでが、一本の幹のようになる。

硬く

外観の変化は、見た目、根もとの部分が裾野のようにひろがって、太く丈夫にみえる。
それは右の図のように脚の方に広がっていくので横幅が広く、下側は、訓練により張り出して 上側は、外皮が引っ張られて、全体で長くなったようにみえる。
頑丈にするには、陰茎基底の陰茎脚のつけ根から丈夫にすることが肝心。
陰茎海綿体は左右の坐骨結節・恥骨枝に固定された陰茎脚からの延長で、性的興奮にともない 充血し勃起す。
この時点ではまだ 球海綿体筋 (尿道球から尿道海綿体を覆っている)外肛門括約筋が 強化されていないので、亀頭の柔らかい部分は、小さく弱い。これは、亀頭そのものが、 尿道海綿体の終端の膨大部であるからである。

球海綿体筋 (尿道球から尿道海綿体を覆っている)外肛門括約筋を強化するには、 肛門から、陰嚢の間を、指圧器具の玉の部分を3個並べたようなもので刺激する。 肛門のすぐ前の部分から陰嚢の間に敷き、痛くない程度に体重をかけ、ぐりぐりと 動かしたり、押したり、押し返されたりしていると、筋ができたようになる。
ここが強化されると、肛門を、絞めたり、緩めたりすると、会陰部全体が動き、 深会陰横筋や球海綿体筋に刺激を与えて、強化される。
そこから一気に進化して、自由自在にPC筋を動かせるようになると成功です。




少子化の一因は陰茎にある。
陰茎についての評価を「勃起が弱い」とか「ペニスが小さいね」と女性に言われて 男性が引いてしまって女性を遠ざけてしまうと非婚化から少子化になってしまう。
女性の知識と経験値が上がり、男性は多くの女性を相手にする人と、女性から遠ざかる人に二極化 してしまう。




トップページ
  • 坐骨海綿体筋

  • 球海綿体筋

  • 深会陰横筋



    リンク先
    おちんちんは大きくなるのか?  47歳、奇跡の軌跡

    リンク先
    ここを鍛えろ!オチンチンはビンビン!

    リンク先
    PC筋強化トレーニング

    リンク先
    陰茎でかくなった

  • 陰茎脚イメージ
    脚
    球海綿体筋イメージ
    球筋
    坐骨海綿体筋イメージ
    坐骨

    グレー色は
    深会陰横筋

    アオ色は坐骨海綿体筋
    アカ色は球海綿体筋

    グレー色は、深会陰横筋で左右は坐骨結節と、後方は外肛門括約筋、 前方は、球海綿体と線維でつながる。 このグレー色の筋と、アオ色の筋、アカ色の筋を重点的に鍛え丈夫で強くすることが重要。